« 『にげましょう特別版』 | トップページ | 『死神うどんカフェ1号店 二杯目』 »

2014年9月18日 (木)

『死神うどんカフェ1号店 一杯目』

(作:石川宏千花  刊:講談社(2014))
 
 中学三年生のとき、川で溺れかけた希子。体は蘇生したものの、そのとき起きたことのせいで、高校1年になった今も、心が生きることを拒んでいる。そんな希子が迷い込んだ店、『死神うどんカフェ1号店』。かまたまうどんとカフェオレしかメニューがないという風変わりすぎる店での出会いは、希子になにをもたらすのだろう。
  「一杯目」こと一巻目なので、まだまだ物語は始まったばかり。どう転がって行くのか、まずは見守りたい。(2014.7.26)
 
 

|

« 『にげましょう特別版』 | トップページ | 『死神うどんカフェ1号店 二杯目』 »

コメント

このシリーズ、すでに2巻(2杯目)が出てるんですよね。今日、さっそく図書館で予約しました。石川宏千花、すごいね!

投稿: 山本悦子 | 2014年9月27日 (土) 18時58分

三杯目も近刊予定ですよ〜

投稿: けい | 2014年10月 2日 (木) 20時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『死神うどんカフェ1号店 一杯目』:

« 『にげましょう特別版』 | トップページ | 『死神うどんカフェ1号店 二杯目』 »