« 『どんぐりカプセル』 | トップページ | 『なんてだじゃれなお正月』 »

2014年3月 9日 (日)

『ふしぎなクッキーガール』

(作:梨屋アリエ  絵:山田詩子  刊:講談社(2013))
 
 『おはなし12か月』シリーズの『12月のおはなし』です。
 二年生のれいなちゃんは、不機嫌です。きのう一番の仲良しのひなこちゃんと絶交してしまったのです。ひなこちゃんに会いたくないから児童館には行かないというれいなちゃんに、ママはゆうだいくんの家に行くように薦めます。今日はゆうだいくんのおねえちゃんのみさちゃんがいるからです。みさちゃんとゆうだいくんといっしょにジンジャークッキーを作っているうちに、れいなちゃんはだんだん元気を取り戻してきます。そして、大切なことに気づくのでした。
 大好きなともだちと二人きりで遊びたいのに、という思いを抱えている子は多いでしょうね。それをうまく伝えられないまま、けんかになってしまったり、けんかしたくなさで、ほかのともだちもいっしょに好きでもない遊びをすることになったり。それは、成長の過程で必要なことだけど、乗り越えるまでがけっこうつらい。いい方向に乗り越えられるとは限らないし。いい方向というのがどういう方向のことかも、それぞれによって違うし。いろいろなこと積み重ねて、自分を磨いていけるといいね。(2013.12.7)
 
 

|

« 『どんぐりカプセル』 | トップページ | 『なんてだじゃれなお正月』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ふしぎなクッキーガール』:

« 『どんぐりカプセル』 | トップページ | 『なんてだじゃれなお正月』 »