« 『七月七日はまほうの夜』 | トップページ | 『お月見テンテン』 »

2014年3月 9日 (日)

『ミラクルうまいさんと夏』

(作:令丈ヒロ子  絵:原ゆたか  刊:講談社(2013))
 
 『おはなし12か月』シリーズの『8月のおはなし』です。
 夕暮れの買い物帰り、そうたは影みたいなやつに出会った。穴を埋めることができるというそいつを、そうたはうめこんと呼んで、仲良くなる。友だちのポケットをおいしいもので埋めて、喜ばれるうめこん。活躍するうめこんを、みんなは「ミラクルうまいさん」と呼んで讃えたけれど、うめこんの考えは、だんだんにそうたと変わってきて……。
 仲違いしたけれど、お互い理解し合って、それぞれ成長します。最後のうめこんのプレゼント、かっこいい。(2013.11.23)
 
 

|

« 『七月七日はまほうの夜』 | トップページ | 『お月見テンテン』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ミラクルうまいさんと夏』:

« 『七月七日はまほうの夜』 | トップページ | 『お月見テンテン』 »