« 『鬼まつりの夜』 | トップページ | 『おなかいっぱい、しあわせいっぱい』 »

2014年3月11日 (火)

『ひなまつりのお手紙』

(作:まはら三桃  絵:朝比奈かおる  刊:講談社(2014))
 
 『おはなし12か月』シリーズの『3月のおはなし』です。
 ゆいは、もと高校の校長先生で、ゆいのあれやこれやを正そうとするおばあちゃんが苦手です。でも、おばあちゃんの家でひな人形の飾り付けを手伝ったとき、おばあちゃんにも小さな女の子だったときがあることを知ります。どんな女の子だったかを。
 優しいお話になってはいますが、ひな人形の飾り付けのシーンに多くを取られていて、もっとおもしろい話にできたのではないかと、ちょっと残念。(2014.3.1)
 
 

|

« 『鬼まつりの夜』 | トップページ | 『おなかいっぱい、しあわせいっぱい』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ひなまつりのお手紙』:

« 『鬼まつりの夜』 | トップページ | 『おなかいっぱい、しあわせいっぱい』 »