« 『だいじょうぶ だいじょうぶ』 | トップページ | ☆『ぜつぼうの濁点』 »

2013年12月29日 (日)

☆『じいちゃんのステッキ』(GRANDPA'S WALKING STICK)

(文:すとうあさえ  絵:アンヴィル菜宝子  刊:福音館書店(1999))
 こどものとも518号です。
 おじいとゃんのすてきなステッキを勝手に持ち出したこぎつねのなっくは、あちこちからステッキを貸してと頼まれ、それが本来の使い方をされないので、がっくり。しかも、川に流されちゃって、どうしよう。
 大人の持ち物を使ってみたいのは、どの子も同じ。持ち出されると困るからといって、何もかもしまいこむわけにはいかないし。寛大ななっくのじいちゃんを見習わなければならないときもあるかも。おじいちゃんが持っているとステッキなのに、ぼくが持っているとみんなただの棒としてしか使ってくれないと、なっくがくやしがるのがおかしいです。(2000.6.14)
 
 

|

« 『だいじょうぶ だいじょうぶ』 | トップページ | ☆『ぜつぼうの濁点』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆『じいちゃんのステッキ』(GRANDPA'S WALKING STICK):

« 『だいじょうぶ だいじょうぶ』 | トップページ | ☆『ぜつぼうの濁点』 »