« ☆『アマガエルとくらす』 | トップページ | 『思い出を切りぬくとき』 »

2010年1月 5日 (火)

魔術師マーリン

 年末に放送していた『魔術師マーリン』の最終回を、やっと見た。
 いかにも半端な終わり方だったので公式ホームページを調べたら、やはり今回のは第一シリーズの最終回で、イギリスでは、現在第二シリーズ放送中だそうだ。
 アーサー王伝説は大雑把にしか知らないのだけれど、それでも知っている伝説とドラマの設定があれこれ違っていて、「?」なところも多い。一部は、あとあと修正(?)されて、一般的な(?)伝説とおなじところに落ち着くようだけれど、落ち着きようのない相違もかなりありそうだ。
 その点については、そもそも伝説であって、その段階でいろいろな説があるのだから、ドラマで描かれているような説もあるのかも、と思うしかないので(アーサーの生まれ方の経緯なんて、お子ちゃまには説明しにくいし)、それはそれとして楽しむとして、どうにも違和感のあるところが。
 魔法使いって、爆発するの?
 マーリンは何人かの魔法の使い手を倒すのだけれど、その際、相手が爆発してしまうことがあるのである。マーリンが使う魔法が、そういう効果を持っているということなのかもしれないけれど、その爆発の仕方が、こどもの頃見た戦隊もので敵がやられるときみたいで、そういうシーンになるたび、「?」な気分になる。霧散してくれれば、「そうだろうな」という気がするのだけれど。
 そもそも、「魔法でやられるときはこうなる」という決まりがあるわけではないので、「こういうこともあるのか」と思うしかないのだけれど。
 ともあれ、第二シリーズの放送が楽しみだ。

|

« ☆『アマガエルとくらす』 | トップページ | 『思い出を切りぬくとき』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔術師マーリン:

« ☆『アマガエルとくらす』 | トップページ | 『思い出を切りぬくとき』 »