« ハリー・ポッターの予約 | トップページ | 寺村輝夫さん »

2006年5月18日 (木)

だれんだ〜、らべんだ〜

 畑のすみっこに去年植えたラベンダー。暑さや湿度には弱いと聞いていたので、夏越しは無理かと思っていたけれど、しっかり夏を越し、花をつけ続けた。冬には枯れたものの、春を迎え枯れ枝だとばかり思っていたところに新芽が出てきたので、枯れた部分を思いっきり刈り込んだ。その結果……
 新芽がわんさか出て、すでにラベンダーらしい香りを放っている。
 かつて鉢植えのラベンダーを枯らしたことのある夫(言うまでもなく、『時をかける少女』がきっかけ)は、「ラベンダーが埼玉で元気なはずがない、これは、ラベンダーもどきだ」と言い続けていたけれど、この香りはまごうことなきラベンダー。暑いところもおっけーの改良種らしい。去年苗として買ったときには説明の札がついていたけれど、何が書いてあったかなぁ。
 この畑は最長三年までしか借りられないので、返すときにはこのラベンダー、掘りあげるようだろうな。でも、プランターに移したら、やっぱり枯れちゃうかも。また、市民農園を借りる権利を当てて、畑に移すしかないかも。
060517_1

|

« ハリー・ポッターの予約 | トップページ | 寺村輝夫さん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だれんだ〜、らべんだ〜:

« ハリー・ポッターの予約 | トップページ | 寺村輝夫さん »