« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

あらしのよるに?

 あんなの、ガブとメイじゃないやい。
 と、家族の前で言い放ち、まるで見る気のなかった映画版『あらしのよるに』。
 むすめが見たいと言い出した。
 う〜ん。
 日頃、映画には親の趣味で連れて行っているからなぁ…… 映画に行くことには興味を持ってほしいしなぁ……
 というわけで、『あらしのよるに』、見に行くことになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

持久走大会

 今日は、むすめの小学校の持久走大会だった。結果については、親の子だから、しょうがない……ということで、思い出話を少々。

 高校時代、45人くらいで走って限りなくビリに近かった私だけれど、その年は後ろを走っている人が複数(多数ではないが)いた。

 私のすぐ後ろを走っていた人が、走り終わってから言った。

「あなたの髪の毛がぴょこぴょこしているのを見てたら、励まされたよ。」

 当時、伸ばした髪の毛を一つにまとめていたのだけれど、髪の毛の量が多かったため、まるでキツネのしっぽのようだった。それが、ぴょこびょこ揺れていのがおかしくて、なんだか元気が出たらしい。

 持久走は苦痛だったけれど、それを言われて以来、少しおもしろくなった。もちろん、走ることが楽しみになったわけではなく、いろいろなことを想像するという楽しみができたのだ。

 彼女は私の髪の毛に励まされ、私は彼女の言葉に励まされ。

 あ〜、青春……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

終わらない……

 12月2日必着というレポートを書かなければならないのに、そもそも課題の本を読み終われない……。物語なら早いけれど、1ページにいくつも訳注がついている本はそうもいかず。たった200ページなのに、何日かかっていることやら。やっと半分終わったけれど、続きを読んで、2000字のレポートなんて〜 がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

年寄りの冷や水?

 小学生のむすめは、親に似たらしく、運動方面は苦手だ。この夏、奇跡的に逆上がりはできるようになったものの、練習する気にさせるまでが大変だった。一年生のときのなわとびもそうだった。冬休みに宿題としていろいろな飛び方を練習するようにということだったのだけれど、このときも跳んでいる時間より、おだてたり怒ったりする時間のほうが長かったくらいだ。しまいには泣き泣き練習。はたから見れば、鬼親に見えたに違いない。それが、できるようになってみれば、泣いたことなど忘れて、「縄跳び、好き。」という。
 で、今度は持久走。親に似たのだから無理もないとは思うけれど、遅い。遅いのは仕方がないとして、やる気がない。がんばった上で遅いのなら、それは仕方がないと思うけれど、素人目にもまだ改善の余地がある。というわけで、昨日は実際に走る河原のコースに行って練習した。というか、させることにした。
 日暮れまでたいして時間もないし、そこは犬のお散歩コースにもなっているところなので、説得の上、一周だけはしてみようということになった。あまりにいやがるので、いっしょに走ってみた。
 実のところ、こっちが先にばてるのではないかと不安だったのだけれど、ゆっくりゆっくり走って、なんとか一周1100mを走りきった。そんなに走ったのは、いったい何年ぶりだろう。
 というわけで、今日はふとももが痛かったのだった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

急がば回れ

 むすめのベストを編んでいる。今日、昨日の続きを編もうと思ったら、うわ〜、編み込み模様を間違えてる。
 横6目を盾4段ほどいて編み直しながらとなりの模様を見ると、こっちも間違えている。それも、さらに2段下から。というわけで、そこもほどく。合計9目を直してその段を編み終えかけたところで、そこにも間違い発見。
 う〜、昨日眠かったからなぁ……、このくらいなら、いっそまとめてほどいて昨日編んだ分、全部直したほうが早かったかも。だめだね、眠いときにやっちゃ。
 と思ってそこをほどこうとしたら、あれ? どこからどう間違っているわけ?
 結局、どう直していいのかわからないくらいの間違いようで、ついにあきらめてだーっとほどくことに。
 昨日編んだ分まるまるではないけれど、さっき部分的に直したより下からほどいた。
 あ〜、がっかり。
 眠いときに編み物なんてするものじゃない、と、しみじみ思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

『もやしもん』

 農学部に席を置く、菌が見えるという新入生を主人公にしたマンガ。絵の気合いの入り方(?)から、親友の蛍のほうが主人公なのかと思っちゃいました。読んでみると、樹教授が主人公みたいだけど。これも、一部実話なんだろうか・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月22日 (火)

予防接種しました

 昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。むすめが注射を嫌がると、「すぐ終わるんだから。」とか「インフルエンザにかかるよりましでしょ。」とか説得するのだけれど、実のところ私だって注射は好きじゃない。
 私が小学生だった頃は集団接種だから、インフルエンザの予防接種も学校で受けた。注射が嫌いな私は、「弟が卵のアレルギーなんです。」というと、「じゃ、やめておきましょう。」と言われるのに気づき、毎年その手で注射を逃れていた。で、六年のときもその手でいこうとしたけれど、その年の担当はかかりつけの先生。当然私たち姉弟の健康状態は把握している。というわけで、「あーら、だいじょうぶよ。」と、六年生にして初めてインフルエンザの予防接種を受けたのだった。
 昨日の注射は、ベテランの看護師さんだったのだけれど、彼女は注射は自分でするほうが好きだそうだ。いつ刺さるかわかるほうが痛くないとか。うーん……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

テレビが……

 テレビが、突然バリバリ……というような音を立てて、消えてしまった。消えたのは画面だけ。音は出ている。でも、雑音がひどい。

 実は、3週ほど前にもこの症状が出た。そのときは、きっとほこりだと見当をつけ、掃除機で解決したのだけれど、あれから今日まででそんなにたまるわけもないので、根本的な原因はほかだったのかも。なにしろ十年以上使っているから、買い換え時?

 ここで問題なのが、地上派デジタル化。当地でのデジタル化は、かなり先なのだ。デジタル対応のものにすべきか、もっと安いのですませておいて、デジタル化のときに買い直すか。

 とりあえず、長時間つけっぱなしにならないよう気をつけて、だましだまし使うか。

 とにかく、明日はしっかりそうじをしよう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

みなさまの、NHK

 『新選組!』の続編のスポットを初めて観た。「隊士たちのその後を見たいという視聴者のみなさまのご要望にお応えし」、というのはいい。実際ご要望が多く、だからこそ実現した企画なのだろうから。

 が、問題はその言い方。ただ、「みなさまのご要望にお応えして」とだけ言えばいいのに、具体的な言い回しは忘れたけれど、「NHKは、ちゃ〜んと視聴者の要望を聞いているんだからなっ!」という響きが鼻につく。当たり前でしょう、そんなこと。言えば言うほど、自己弁護に聞こえる。根本から考え直す気なんてなくて、ここまでやったからいいじゃない。え、だめ? じゃ、もう少しやる?みたいな感じ。様子をうかがっているのが見え見えで、見くびられている気がして腹が立つ。

 でも、受信料は払っている。教育テレビの番組を楽しみにしているので。ああいうものは、「みなさまからお支払いいただく受信料」でなければむずかしいだろうと思う。できることなら、うちから払う分はいくつかの番組限定で使ってもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月17日 (木)

メイシーちゃんは、いずこ?

 月末が甥っ子の四才の誕生日。今、メイシーちゃんにはまっているとのことで、プレゼントのリクエストはメイシーのビデオ。DVDのプレーヤーもあるけれど、甥っ子が自分で操作するので、ビデオのほうがいいとのこと。テープよりDVDのほうが耐久性がありそうだけれど、以前DVDのプレーヤー(HDレコーダー)を壊した前科があるので仕方がない。

 ところが、世の中はビデオからDVDに乗り換えるのが当然という感じで、DVDならいくらでもあるけれど、ビデオはない。取り寄せは受け付けているようだけれど、できれば今日・明日中にほしい。何軒か回って、やっとこれ一本だけ残っていた、という感じのを見つける。次からはビデオのリクエストは用心しようと思った。

 ところでこの甥っ子、幼稚園で先生によく怒られるのだそうだ(本人談)。年少で、本人が暗い顔で、「先生、すぐ怒る」というほど怒ることもあるまいに、と、思っていたら、甥っ子の親によると、以前怒られたのがショックで、注意された程度でも、怒られたと思ってしまうらしい。とはいえ、水飲み場の蛇口全部開けっぱなしにされたら、先生も黙っているわけにもいくまい。

 その話を聞いたとき、やってみたかった甥っ子の気持ちもなんとなくわかってしまい、そんな甥っ子をみどころのある子だと思ったのだけれど、我が子だったらそうも言っていられないかも……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

『まんげつのよるに』

 『あらしのよるに』の最新刊。これで最終巻だと思うけれど。好きなシリーズなのだけれど、最近商魂のたくましさが鼻についてちょっとがっかり。私は、あべ弘士さんが描く『あらしのよるに』が好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

TDLにて

 3、4年ぶりに東京ディズニーランドに行ってきた。クリスマスバージョンが始まって初めての週末のせいか、ずいぶんな混みようだった。待ち時間も長かったのだけれど、そのせいか、そこここでDSで遊んでいる子を見つけてびっくり。TDLまで来て、ゲーム? まあ、確かに長い待ち時間だよ、でも、家族で遊びに来て、それでいいわけ? と、思っていたら、20代前半に見える女性もDS。うしろの男性とデート中じゃないの? う〜む。ついでに、たまごっち下げている子も多かった。これはうちの子もそうなので、えらそうなことは言えないのだけれど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

『セブンスタワー IV キーストーン』

 明日は早く出かけるというのに、読み始めたら止まらない。ミラ、かっこいい。でも、心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

職業欄

 たいていは「無職」、場合によっては「無職(主婦)」と書きます。それともう一つ。「学生」というのもあり。だって、ちゃんと大学が身分を証明してくれているもの。学生証もあるので、時々学割も利用しています。
 このように大学生でもある私は、今、課題に追われています。この課題をクリアーしないと、単位認定試験が受けられない、つまり、単位が取れないので。というわけで、『君主論』だの『市民政府論』だの、日頃は借りてこない本を何冊も借りて、どれが一番レポートを書きやすいか検討中。いや、学生としては、本当は日頃から読んでないといけない本ばかりなんだけど。それに、読みようによっては、ファンタジーファンにも面白いということに気づいた今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

伸び悩み?

 10日ぶりくらいだろうか。畑に行って来た。目的は間引きだったのだけれど、目的のほうれん草は、間引こうにもほとんど伸びていない。一方、10日くらい前にせっせと間引いた小松菜は、また、緑の山のような状態。というわけで、小松菜を収穫して帰ってきた。同じ日に間引いた白菜。一本ずつ三個所にあるはずなのに、あれ? あと二本はどこ? うーん、鳥につつかれてしまったのだろうか……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

テレビ絵本『もったいないばあさん』

 今日のテレビ絵本(教育テレビAM7:25〜7:35)は、『もったいないばあさん』。語り(?)が加藤茶というのは、なかなかのセンスかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

自信?

 近々たまごっちの新製品が出るそうだが、それに先だって、1万個プレゼントだそうだ。う〜ん、1万。それだけ配っても、まだまだ売れるという自信だろうか。複数持っている子(おとなもだ)は、ざらだから、広告宣伝費と思えば、十分元は取れるという判断か。というか、1万プレゼントしても法律に引っかからないほどすでに売れているということ? と半ば感心しつつ、プレゼントに応募したヤツ(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

『いたずら魔女のノシーとマーム』1

 真っ青な表紙に、ほうきにまたがった、顔が灰色の魔女と顔が緑な上、青い髪の魔女。これだけでこどもの心をそそるに違いない。多分語呂で「ノシーとマーム」になったのだろうけれど(原題には名前はない)、主導権(?)をにぎっているのはマームのほう。読書が苦手な子でも、すいすい読めそう。読書に自信(?)をつけるきっかけになるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

タバコ喫煙?

 某市が駅前に出しているのぼり。

 「喫煙」といえば、ふつうタバコだろうに。

 間違いとまでは言わないけど、日本語のセンスがいまいちだと思う。

051104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

ナゾの河童

 いや、ナゾもなにも、河童の存在自体が謎の固まりなんだけど。

 河童の伝説があるご近所の市で河童展が行われているので見に行った。河童の像の現物や市内各地に置かれている写真が展示されていた中にあったのが、逆立ちした河童の写真。

 河童が逆立ち……? 河童と言えば、頭の皿の水が無くなったら力が出ないとか死んでしまうというのが通説だと思うのだけど。なぜに逆立ちの河童……。解説がなかったのでどういうシチュエーションなのかわからないのだけれど、相撲をとって投げられたところかなにかだったのだろうか。その割りにはくやしそうな顔も驚いた顔もしていなかったけど。謎だ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

11/2の『まんが日本昔ばなし』

 今日の放送は「ききみみ頭巾」と「雉も鳴かずば」。「ききみみ頭巾」は、むすめの教科書にも載っているので、比べつつ見る。教科書では主人公は若者だけれど、テレビでは老人。でも、過去読んだことのある話しでも、老人だった気がする。長者のむすめが木が原因で病気というのも同じだけれど、おじいさんがたんまりほうびをもらうだけだけれど、若者の場合は当然のように婿入り。長者のむすめが病気というのも民話にはよくあるパターンだ。

 「雉も鳴かずば」は初めて見聞きする話だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『どうぶつ友情辞典』

 もと動物園飼育係にして絵本作家のあべ弘士さんが、動物について書いたエッセイ。うわ〜、こんなこと書いていいの?!というネタ満載。今回は図書館で借りたけれど、買う本リストに入れた。動物好きにもことわざ好きにもオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

再スタートです

 日記データの移行が終わったので、これまでの日記・掲示板・ブログをこちらに一本化します。カテゴリーが「風の声」になっているのは、これまでの日記ページから移行されたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »